震災後の出会いも人それぞれの思いがあると思います。

震災の後ショットバーでの出会い

震災の後ショットバーでの出会い

 

私が住んでいる街は震災の被害がほとんどありませんでした。
それでも日本中が悲しみに包まれる中で、気分転換にショットバーに行くと同じ様な人達が大勢いました。

 

男女も若い人は特に悲惨な映像ばかり流すテレビの見えないバーでお酒を飲みながら、気分を変えたいと思うようです。
そこで出会った若い女性は何でもはっきりものを言うタイプでした。
化粧も薄く髪もひっつめにしていましたが、美しく凛々しく思えました。
ズバズバ言う彼女は他の男性から少し疎まれていましたが、私と話すと彼女の話しは筋が通っていて、男が言う事を何でも適当に相づちを打つ事をしないだけの様に思いました。

 

それで話し込んでいると私達は震災の話しをしていました。
いざと云う時に1人は淋しいと強がらずに言うその彼女には被害にあった知り合いがいた様です。

 

そこで連絡先を交換して、何度か飲食をともにしました。残念ながら仕事の都合で彼女が引越す事になり、それきりになりましたがもう少し仲良くなりたかったと私は残念に思いました。
男が言う事に相づちを打つだけの女より自分の意見を持ってはっきりものを言う女を好きな男もいます。

 

誰でも皆思う事はあるのに、素直で都合の良い女を演じる女よりはっきりもの言う女が好きな男もいる事がわかってもらえて良かったと思います。

ホーム RSS購読 サイトマップ